読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやしたろうのはてなブログ

SE→システム営業→広告営業→ウェブマーケティング担当→集客担当になった中で感じたことを書いています。※旧:SE初心者奮闘記spec2

検索連動広告、ディスプレイ広告の種類【自分用メモ】

sponsored links

インターネット上の広告は様々。

ただ、最近のよく使われているのは検索に連動して表示される広告と、ユーザーに合わせた広告の二種類。
 

検索連動型広告

上述の前者。Google、Yahoo、bingなどでキーワードを検索したとき、検索結果の上下と右側に存在する広告枠へ広告を配信(表示)。
 
広告を配信したい検索キーワードを選定して、入札金額を設定する必要がある。
一般的に入札というと、高い金額を設定したものが優先されるけど、この場合はキーワードの品質も加味されるため一概に入札金額だけが勝負どころではない。
 
配信できる広告はテキスト広告のみ。
 

ディスプレイ広告

こちらは後者。ユーザーのニーズに合わせた広告を配信するもので、検索連動型広告に比べ、クリック率やコンバージョン率が高いとされている。
GDNやYDNが有名だが、Criteo(クリテオ)なども登場している。
 
リマーケティングと呼ばれる、ユーザーを追いかける広告もこちらに分類。
リマーケティングはGoogleでの呼称で、Yahooではリターゲティングと呼ばれている。
名称で混乱してたけど、基本は同じって考えてよし。
 
設定は配信したいユーザーのリストを作成して、入札金額を設定。
リストの作り方は
や公式サイトを確認。
 
配信できる広告はテキスト広告と、バナー(イメージ)広告。
 
 
広告を非表示にする