読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやしたろうのはてなブログ

SE→システム営業→広告営業→ウェブマーケティング担当→集客担当になった中で感じたことを書いています。※旧:SE初心者奮闘記spec2

三谷幸喜に笑わされる、清洲会議

sponsored links

三谷幸喜監督の「清洲会議」を公開初日、新宿ピカデリーの一本目。

話題の映画を公開初日に見るのは人生初。

北海道の星、大泉洋が出ているもの楽しみの一つでした。

観賞後、出口のところでぴあのアンケートに答えたのも人生初w

以下、見終わった感想。ネタバレはないっす。

豪華キャスト

役所広司(空手の師範が劇団時代の知り合いという…)、大泉洋のダブル主演になるのかな?

お二方の演技がよかった。

役所広司柴田勝家の熱い感じが武士。山本五十六とは全然違うんだけど、男って感じ。

またちょっとバカっぽく描かれているところも好き。

 

大泉洋の秀吉よかったなぁ〜。コミカルと真面目の使い分けがすごい。

黒田勘兵衛(寺島進)と策を練っているときと酒宴のときの演技に顕著かなと感じました。

水曜どうでしょうのカブの時から考えるとギャップがw

(ウィリーのくだりは必見です。笑います。見てない人は是非)

それに回りを固める役者が豪華すぎでしょ!

こんな所に?! って役者さん結構いた。

(「ひみず」の染谷将太が出ていたのも個人的には良かった。)

喜劇の中に感動。

これはさすが三谷幸喜監督。

全体は喜劇なんどけど、うるっとするところはきちんとある。

勝家の心情にシンクロして目頭が熱くなりました。

そういうところが三谷監督は面白い。(最近、CMでも清洲会議のPRでご自身が率先してメディアに出てるよね)

 

初時代劇なんだーとか思ったら、帰宅したら「ステキな金縛り」で落ち武者出てたわ!

でもこれは現代劇だった。

そして同じ監督だから出来る素敵な演出清洲会議の劇中にあった。 

ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]

ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]

 

 

野望とヅラ

見所はヅラのディティール。デジタルがすごくなったからかもしれないけど、えらい細かい作りでした。

映画『清須会議』公式サイトのトップページでキャストの写真が出てます。

それと、秀吉の野望を持ち続ける姿勢は自分も持たなきゃいけないなと思いました。

持っているもの、使えるものは使って行ける所まで上がってやるっていう気概は今の自分に足りない所。

よい映画を鑑賞できたので、ビールが旨かった!

 

三谷幸喜作品、見直そうっと。

チケットぴあ

 

清洲会議とは
清洲会議(きよすかいぎ)は、安土桃山時代天正10年6月27日1582年7月16日)に開かれた、織田氏の継嗣問題及び領地再分配に関する会議である。

清洲会議 - Wikipedia

 

 

広告を非表示にする