読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやしたろうのはてなブログ

SE→システム営業→広告営業→ウェブマーケティング担当→集客担当になった中で感じたことを書いています。※旧:SE初心者奮闘記spec2

朝型勤務のススメ。制度定着するのか・・・?

考え方 ニュース

sponsored links

朝型勤務に制度的にプラス給金を付加するという、個人的には期待したい取り組み。

景気回復の兆候として受け取っていいものか。

 

 

伊藤忠テクノ、早朝勤務に25%割増手当 IT業界でも朝型勤務 :日本経済新聞

労働基準法だと現在は深夜業務に25%以上の割増が適用されるわけです。

それを朝の勤務にも適用することで効率的な作業にシフトしたいということだけど・・・。

早朝から深夜まで・・・にならないか?

IT系で給料が高いっていうと、しっかり残業代が支給される起業の場合。

働いた分は保管されるからバランスが取れている反面、「残業代払うから長時間ね」的な考えが見え隠れしている。

出る分だけまだマシってことも言えるけど。

一方、怖いのは朝から深夜まで作業という、デスマーチの長時間化。

制度としては矯正残業禁止っていうものが整備されるのならば、いいけれども制度化されないまま形骸化すると・・・。

 

深夜労働に対する割増賃金、時間外労働に対する割増賃金

使用者(事業主)は使用する労働者を22:00~翌日5:00の間に労働させる場合は、

通常の賃金に対して25%以上の割増賃金を支払わなければならない。

さらにいうと時間外労働も加味すると、

通常業務(時給1000円)+時間外労働割増賃金(+25%)+深夜業務割増(+25%)=時給1500円(通常業務1000円*150%)

ってことになるんですね。

 

今回早朝業務割増が始まると、深夜業終了後にも割増が適用されるようになるので、

繁忙期デスマーチにはちょっと給料が上がるかもしれません。

 

どのくらいの企業が適用するかは気になるところです。

この制度を率先して導入していくとなるとリスクも増えますが、従業員の満足度は高まるでしょう。

良い方向に転がっていけばうれしいですね。

広告を非表示にする