読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやしたろうのはてなブログ

SE→システム営業→広告営業→ウェブマーケティング担当→集客担当になった中で感じたことを書いています。※旧:SE初心者奮闘記spec2

エヴァンゲリオンシリーズを見返して。「にげちゃだめだにげちゃだめだにげ…」

雑記 趣味とか

sponsored links

http://www.flickr.com/photos/53133240@N00/9980648413

photo by Muffet

現実逃避にもってこい☆

ってことで最近見返してしまっているエヴァンゲリオンシリーズの話を…。

1995年から放送が開始され、最初はロボットアニメかな?なんて思っていたらいつの間にか哲学や理不尽という言葉を映像として紹介していることになっていたという名作です。

小学校の僕にはたぶんそんなことは知らずに「カヲルくん!」なんて燃えていたんだと思う。

ちなみにハマりすぎて人生で初めて買ったCDはなんと「残酷な天使のテーゼ」。

 

 小さいCDだったよ! もう今は見なくなったヤツ。

これを皮切りにアニメ声優に大ハマリして林原めぐみ三石琴乃、飯塚真弓、古本しんのすけなどなど…放送委員会とか入っちゃってだいぶんそっちの世界に入っていった。

 

実はものすごい売れたアニメなんだけど、確か夕方からの放送だった気がする。テレ東だったかな?

子どもだけではこんなに売れないわけで、深夜放送が始まったときに大人が見始めて大ブレイク。

 

 

映画もやったりして、中学あたりに高校の先輩たちと「アニメの焼き増しじゃないか!金返せ!」なんて熱く語っていた。中学生にとっては映画館にいくにも小遣いを割いてかなり痛い出費だったんだよ!こんちくしょー!

コスプレなんて言葉が出てきたあたりかな?今ほどのクオリティじゃないけどその世界はにわかに盛り上がっていたとかいないとか…。

 

 個人的にはクラシック音楽やジャズを聴くきっかけになったと思っている。

とぅっとぅとぅとぅ とぅーとぅとぅとぅー♪

ってなやつは一度は聴いたことがあるんじゃなかろうか。

 

何年かはあのときの熱意はどっかにいってしまったのだけれども、大人になって「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」が放映された。

アニメや前作の映画を見ている人からしたらクオリティの高さに驚いたに違いない。 

 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版 [DVD]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版 [DVD]

 

 まだ観ていなかったらぜひアニメ盤と比較してほしい。

「あのシーンが?!」なんてことが結構ある。

ちなみに新劇場版は3作リリースされていて、次で本当に本当に終わる予定。

早く公開してくれ!!

 

 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.[DVD]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.[DVD]

 

最新作の「Q」は主人公のしこたま役に立たない。やることなすこと悪い方に悪い方に転がるという始末。

 

 個人的には前作でミサトさんが「行きなさい!」なんて言っておきながら「Q」で「何もしないで」っていっちゃう辺りアニメ時代の理不尽の表現の再来じゃないかとひとり鳥肌ものでした。

あんたが許可したんだろうが!!

こういうの世の中に転がり過ぎだよね…。

カヲルくん…。(当時先輩でカオルってひとがいた。今はカメラマンやってるみたい。)

広告を非表示にする