はやしたろうのはてなブログ

SE→システム営業→広告営業→ウェブマーケティング担当→集客担当になった中で感じたことを書いています。※旧:SE初心者奮闘記spec2

【在宅勤務の味方BGM】Youtubeのアーティストの無料開放音楽リスト #stayhome

音楽は心を豊かにする。

 

コロナ(Covid-19)の影響で在宅勤務が増えていますね。

自分も自分の周りもほとんど在宅勤務になりました。

ずっと自宅に籠もることになるので、気分転換や作業時のBGMとして多くのアーティストの方々がYoutubeで過去の楽曲やライブと無料開放しています。

 

選曲は個人の趣味です。随時追加していきます。

公式で観ましょう。だめ海賊版

 

リスト周回していいればすぐに一日が終わる気がする。

 

また、公開期間が設定されているものもありますので、リンクが切れているものが出てくると思います。ご了承ください。

奥田民生

www.youtube.com

 

EGO-WRAPPIN'

www.youtube.com

 

never young beach

www.youtube.com

 

スキマスイッチ

www.youtube.com

 

AI

www.youtube.com

 

B'z

www.youtube.com

www.youtube.com

 

Mr.Children

前編

www.youtube.com

後編

www.youtube.com

SHISHAMO

www.youtube.com

www.youtube.com

Superfly

www.youtube.com

www.youtube.com

鬼束ちひろ

www.youtube.com

King Gnu

www.youtube.com

 

BUMP OF CHICKEN

www.youtube.com

リモートワークに切り替えて発見したこと

Working from Home

前代未聞の事態となっている今日このごろ。

ご多分に漏れず、在宅勤務(リモートワーク)で仕事をすることになり、数日が経ちました。

 

在宅勤務(リモートワーク)をしてみて、発見したことの備忘録です。

 

自分の状況

同じような方であれば参考になるかも、と思います。

  • 共働き
  • 子ども2人(3歳・0歳)
  • 業務はデスクワークメイン
  • 賃貸

自分は都内勤務の内勤職。週休2日

家内は3月まで産休・育休で、4月からは徐々に仕事に復帰予定。

子どもたちは保育園にお願いする予定でした。

しかし、コロナの影響を受け、家内の仕事復帰は一旦見送り、保育園も慣らし保育の途中でしたが登園しないということになりました。

在宅勤務(リモートワーク)前後の環境の変化

業務内容については変化なし。

ですが、環境的な変化は結構あります。

 

ネガティブな変化

通勤時は、自分のデスクがある環境で、PCの画面もデュアルディスプレイ

ネット環境もそれなりに快適。

しかし、自宅だとデュアルディスプレイでもなく、ネット環境も弱くてブラウジングに結構なストレスを感じることになりました。

 

あと、子どもも家にいるので、ちょいちょい作業中に作業部屋に乱入してくると作業が止まったりしています。(おもちゃの料理を作って激励にきていくれるんですよね。かわいい。)

 

今の所、オンライン会議システムを常時接続でオフィス環境を再現しようとしているので、通信速度が遅くなる現象が確認できています。

そのため、ちょっと大きめなデータを上げ下げしていると作業に影響が出ています。

 

オンライン会議システムの制限とか、部署の割り方が影響していますが、雑談が減りました。

話しかけにいくタイプなので、相談ベースのことがやりにくくなっているように感じています。

ポジティブな変化

自宅に作業場を作ったことによって、作業の集中できる環境になりました。これはポジティブな変化だと今のところは感じています。

ネガティブで書いたことと相反するのですが、雑談量が減ったので自分の作業がかなり捗るようになりました。

 

物理的には通勤時間がなくなったので、家庭へ割ける時間が多くなったのは非常にポジティブです。

家事や子どもの世話へコミットできるのは色々と都合がよいと感じています。

 

在宅勤務(リモートワーク)で必要なもの

オフィスでの環境を自タグで再現するためのものは早急に揃えたほうがいいと思います。

自分の場合は

が今の課題。

 

椅子は長時間作業するような椅子ではないので、背中や腰に結構な負担になっています。

 ゲーミングチェアまではいらないと思いますが、背もたれはちゃんとしたのが会ったほうがいいと思います。

 

机も同じくで、趣味用DIY机なので、完全にPC作業用ではないので疲労が溜まっているのが日々わかります・・・。

家内はL型机なのではたから見ると快適そうです・・・。 

 

 

PC拡張用のディスプレイは買いました。

頑張ってノートPCのディスプレイだけで頑張っていましたが、作業効率悪すぎてイライラ。イライラすると余計作業効率が悪くなる、悪循環。

普段オフィスでデュアルディスプレイの方は、まずはディスプレイだけでも購入したほうがいいと思いました。

 

HDMI端子ケーブルは付いていないタイプの↓これだったので、ケーブルも購入。

 

 本当はもう少し大きなサイズのディスプレイが欲しかったんだけど、納期が遅くて待てませんでした。

 

ネット回線については、集合住宅用のプランなので、速度が異常に遅いときがあります。

常時接続のせいもあると思いますが、大きめのデータを落としてこようとするとけっこうな時間をロスしています。

 

在宅勤務(リモートワーク)で必要なこと

ものに対して「こと」なのですが、在宅勤務(リモートワーク)する上では

  • 家族の理解
  • 会社の方針、家庭持ちへの理解

が非常に重要だと思います。

 

家族の理解

パートナーはもちろんのこと、お子様がいらっしゃるご家庭はお子様に「父親は家にいるけど、仕事中である」ことを理解してもらうことがかなり重要かと思います。

 

自分の場合は、半分理解・半分我慢できず、の3歳児。

作業場に乱入してくることもあるため、オンライン会議中は特に気を使います。

社内会議であればまだ大丈夫ですが、取引先との会議に入って来られないようにすることに神経を使っています。

(家内が子守をしてくれているので、今のところは取引先との会議中は乱入なしです。社内会議には乱入してきました。)

 

家内にも仕事の細かな内容までは伝えていませんが、オンライン会議が入ることや、同じ家の中にいるにも関わらず、日中の子守りの大半をやってもらうのは心苦しいということは伝えました。

 

家族の理解がないと在宅勤務(リモートワーク)のクオリティは、結構下がってしまうのではないかと感じています。


会社の方針、家庭持ちへの理解

会社自体がオンラインに移行することにハードルを感じている場合は、かなり難儀するのではないでしょうか。

逆にオンラインに抵抗がない会社であればいろんなオンラインツールを使って、自宅での作業環境を整えることができると思います。

 

うちの場合は、後者なので9割はフルオンラインに切り替わっているのではないでしょうか。

 

また、会社として、家庭持ちが在宅になった場合の影響について、対策や対策ができなくても理解してくるていることは非常に重要だと思います(あくまで家庭持ちとしての視点としてです)。

 

子どもが作業場に入ってきてしまって、会議にゲスト出演しちゃうなんてことになったときに、周りがこの状況を理解してくれるか否かでストレス度合いはだいぶ差が出ると感じました。

子育ての環境を経験したことがない方が多い会社だと、そういったことになってしまった場合には、反発や批判が出る可能性は否定できません。

 

会社全体として、上記のことが配慮されていると、負い目を持たずに集中できるでしょう。

 

まとめ

  • 通勤勤務と在宅勤務では環境がかなり差がある
  • 作業環境はすぐに整えよう
  • 家族・会社の理解が必要

誰かの参考になればいいなぁ。

 

振り返る2019年。幸せの先に成功があるんではないか。

Puffin Looking Back

はお、はやしろうです。

まだ終わってないですが、2019年を振り返ってみます。

記事を書き続けるのができていないのが大きな反省点ですが。

 

チームは継続

チームが出来て、1年半を超えることができました。ありがたい。 

ringboy.hatenablog.com

 

反省点は離脱するメンバーがいたこと。

もっとこうすればよかったんではないか、と考えています。

ただ、ずっと引きずっているのかといったらそうではなく、

 

ringboy.hatenablog.com

 

と感じているので、タイミング的にはしょうがないとも考えています。

 

いくら不満の解消をしたとしても結果は変わらなかったんではないかな、と。

また身体的な理由についてはこちらでどうしようもない。

 

新しいメンバーも入ってくれたので、関係性を作っていくことでまたチームを作っていこうと考えています。

新しいプロダクトのマーケティングがうまくいき始めた

当社で作っているプロダクトが結構ニーズがありそうで、プロモーションも回していることもあって、ユーザーが堅調に増えています。

大変ありがたいこと。

プロダクトアウトかマーケットインか、というとマーケットインのほうが強いけど、実際ローンチしたプロダクトが利用されていく様は、マーケターの界隈にいる者としては感動するしかなかった。

いいプロダクトにしていこうと思う。

娘っ子が無事に誕生

プライベートでは、娘っ子が無事に生まれた。

倅もすくすく育って(縦にも横にも)無事に3歳。

趣味も粛々と継続できている

趣味で始めたレザークラフトも粛々と続いており、メンタルのバランスを取るのにとても役立っている。

どうしても情報過多になりがちなので、黙々と作業をすることがリフレッシュになっています。

筋トレをされる方も多いのはそういう効果もあるんではなかろうか。

 

最近はちょくちょくオーダーもいただけていてありがたい限り。

手渡しが多く、目の前で喜んでもらえるのは非常に嬉しいです。

学習が止まっている

よいことばかりではなく、自学の部分がおろそかになっていて、負い目を感じている。

もちろん、業務内容に紐づくところは日々インプットしているわけなんだけど、

プラスアルファはあまりないのが現状。

 

インプットの再開:幸せの先に成功がある

危機感を感じて積んでいた本(積ん読っていう言葉あるとか、ないとか。)からインプットを再開。

最近のヒットは

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論

 

 で、自分が普段から心がけていたことのエビデンスっぽくなっていて嬉しい体験をしました。

「成功の先に幸せがある」のではなく、「幸せの先に成功がある」(だいぶ意訳)という内容。

 

周りのカウンセラーの方々がこのスタンスで講演していることが多くて、世間的にも認知が広がってきた感じがありますね。

 

僕は大量な数が質を生むことも身を持って体験しているけど、基本的に自分の体やテンションが適切なチューニングをされていればパフォーマンスは出るんじゃないかと思って仕事しています。

チームのみんなにもこれはずっと言い続けていることだったので、そのエビデンスがあることには適度な安心感を得ることができました。

 

仕事をしに外に出ていっている僕としては、家族が仕事を応援してくれていることがとても大切でありがたく、ありがたいと感じているから家族も大切にするので、仕事も家庭もしっかり大切にしていきたいと思った2019年でした。

 

また来年も楽生。楽しんで生きる。

【VRアプリ】ペチャバトがすごく面白い!!【忘年会で使える】

 

 はお、「ペチャバト」って知っていますか?

 

ちょうど忘年会のゲーム探していたんです。

noteで拝見して、「これは!?」と思ってすぐに入れました。note.mu

単純だから面白い

スマホの画面に映った的を撃ち抜く!

当てられて体力がなくなったほうが負け!

という単純ルールです。

 

simple is bestというのは万国共通ですね。

必殺技使える!

ドラゴンボール感というか。

通常技以外に大技が繰り出せるのがいい。

いくつかの選択肢があるもの面白みを増やしてくれている感じがあります。

複数人対戦ができる!

忘年会で使えるなぁと思ったのはこれです。

最大4人まで同時にアクセスできるので、チーム対抗とかに利用できると思っています。

まだ忘年会が先なので、まだ複数人ではやっていないのですが、、、。

 

こうなったら嬉しい

  • 対戦人数を増やしたい:忘年会だとやっぱりたくさんいるので、10人くらいまで同時アクセスできると嬉しい
  • チーム分けできるようにしたい:これも忘年会ネタですが、チーム対抗にできるようになると嬉しい

ということで、ほとんどアプリの感想とか書かないのですが、タイミング的にもめちゃめちゃよかったので、まだ遊んでない人・宴会のゲームに困っている人がいたら使ってみてください!

 

 

【チーム作り】モチベーションマネージメントって何?

kuwait kites team

チーム作りやっていますか!!?

はお、はやしたろうです。

最近、仕事でチームの旗振り役とかやっています。

プライベートでチームスポーツとは無縁なので、こういうときにノウハウ少なくていつも悩みます。

 

チームとしてひとつの目標を追っていく、というのがあるべき姿だと思いますが、メンバー個々でやっていることがばらばらすぎてまとめられていないです/(^o^)\

まぁバラバラであってもいいとは思いますが、各人の状況を把握するのは結構です。

モチベーション(動機)って何?

目標がばらばらでも、しっかり目標に向かって進んでいればいいんです。

だけど、モチベーションが下がっていたりすると小さなマイルストーンさえも到達できなくなっちゃったりして、

目標に到達できないという結果になっちゃいますよね。

 

業務内容によってモチベーションは異なるのですが、今所属しているチームはウェブマーケティング中心なので、適当に書くと

・リスティング:CPA最適化

アフィリエイト:連携メディア最大化

SEO:オウンドメディア閲覧数最大化

・動画:チャンネル登録者最大化

を担当がそれぞれ追っています。

 

また、自分も含め全員転職してきたメンバーで構成されているチームなので、業務に対する姿勢もそれぞれ違います。

 

メンバーにとって「姿勢×目標=モチベーション」になっていればいいんですが、メンバーの中には外的要因(他部署依頼や役割分担)によって、現状だとどちらかがずれてしまっています。

モチベーション(動機)を継続させるのってどうするの?

「姿勢×目標=モチベーション」になっていない場合は、やはり離脱リスクは上がるんではないかと感じています。

よっぽど本人が何に対しても自走してモチベーション管理できる方ならいいのですが、多くはないような感覚がありますね。

 

対策は毎日手を変え品を変えやっていますが、なんだかんだコミュニケーション頻度を調整することに勝るものはないかな、と今のところは考えています。

 

bizhint.jp

手法や分析はうちのような小規模チームでも蓄積は必要です。

ただ、制度化するほどでもないな、と。

個人で目標が違う場合は、コミュニケーション頻度を調整して、考える時間と作業時間を分けていったほうがモチベーションマネージメントはできると思います。

 

そもそもマネージメントってなんなの?

マネージメントって「管理する」という意味で捉えがちですけど、「どうにかして●●やる」が元来の意味みたいです。

自分もそう思っています。

(といいつつWeblio調べる私。だいたい合っているみたい。セーフ)

ejje.weblio.jp

 

コミュニケーション頻度の調整でなんとかしている感じです。

 

キャラクターに合わせたモチベーションパターンとか書いてみようと思いましたが、疲れた(お腹へった)ので次回以降にしたいと思います。