読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はやしたろうのはてなブログ

SE→システム営業→広告営業→ウェブマーケティング担当→集客担当になった中で感じたことを書いています。※旧:SE初心者奮闘記spec2

【ECサイト】動的リマーケティングのやりかた

sponsored links

小売ならぜひやっておきたいウェブ広告はGoogleの動的リマーケティング

 

ただ、やろうとすると設定がわけわからなくて・・・って人も多んじゃないかと。

 

実際、結構手間かかったので備忘録として残しておく。

必要なもの

  • Adwordsアカウント:広告出すため
  • Merchant Centerアカウント:動的リマケの広告を作るため
  • 商品リスト:Merchant Centerに登録必須のもの

 

Merchant centerが肝

動的リマケはユーザーが閲覧や購買した商品をリマーケティングの枠に表示するもの。

つまり、商品リストを登録しなければ始まらないわけです。

 

Googleが分けているジャンルによるので、こと小売の場合は手間がかかるようです。

 

商品を登録するのに厄介なのが必須項目。

IDが登録できなくて時間かかった。小売を選んだ場合はIDが必須項目のほかにも価格なども必須項目で、他にも画像リンクやクリックしたあとに飛ぶ商品詳細画面のURLなど。

 

データの更新方法

CSVでアップする方法、Googleスプレッドシートでアップする方法、サーバーから商品データフィードで連携する方法がある様子。

 

今回はカラーミーから商品リストをダウンロードしてきて、スプレッドシートでアップする方法を選択。

リアルタイムで商品を更新するならデータフィードを連携するのが効果的だと思う。

 

アドワーズとの連携

商品リストが登録できたら、審査が入るのでその間にアドワーズに動的リマケのキャンペーンを作成。

Merchantcenterと連携する必要があるので導入ツアーの手順通りに。

 

広告の設定は連携していれば作業はなし。承認が下りるまでこちらも待ち。

 

承認が下りるまでの期間は1〜3日かな、と。

 

少し配信した感想

まず、配信単価が安い。

インプレッション数もかなりの数。

2日でビュースルーコンバージョンが付いたので認知拡大には繋がるかな、と。

通常のリマケがバナーを作らなきゃいけないのに対して、自動的に広告が作成されるので手間なし。

商品点数の更新が手間だけど、期間を決めてルーティンにしていけば問題ないかと。

 

※あとで参考サイト更新しなきゃ。

 

広告を非表示にする